世界一周して一番カッコよかった男たち! エレガント&オシャレなサップがカッコよすぎてヤバい理由とは?

サプール

あなたは世界で一番かっこいい男たち
「サプール」をご存知でしょうか?

 

サプールとはコンゴ共和国とコンゴ民主共和国にいる
オシャレな集団。「通称サップ(SAPE)」と呼ばれており
それを体現するのが「サプール(Sapeur)」です。

 

今回はそんなオシャレで
かっこいい男たちを紹介させていただきたいと思います!

 



通称サップ=おしゃれで優雅な紳士協会(La Societe Des Ambianceurs et des Personnes Elegantes)は
紀行エンターテイメント「地球イチバン」で特集されたことによって
現在日本で話題になっているようです。

 

1880年から1960年、コンゴ共和国はフランスの植民地でした。
その時に見たフランスのエレガントさ、洗練されている着こなしに憧れを抱き
コンゴの人たちがサップを始めたそうです。

 

サプール

コンゴ共和国は中部アフリカに位置する共和制国家。
首都はブザヴィル。

 

実はこの地では3割の人々が
1日の生活費130円以下で暮らしているそうです。

 

毎月多くの人が栄養不足と搾取によって
命を落とすなど貧困であるが故、苦しむ人々が後を絶たないようです。

 

サプールの男たちを見た後に
このような背景を見ても信じられないかもしれないが
実はコンゴ共和国にはこのような背景があります。

 

貧困層

では、どうやってこんなにもオシャレな服を着ることができるのか・・?

 

それは、給料の40%を洋服に費やしている人や
給料5ヶ月分を費やして購入するなど、
オシャレへの投資意識がズバ抜けて高いからだそうです。

 

生活よりもオシャレへの投資。

 

オシャレしてカッコよく歩く!

それがサプールの生き方なのです!

 

オシャレしてカッコよく歩く

 

待ちを歩けば彼らは誰よりもカッコよく、
時にはダンスをして見ている人たちを喜ばせるエンターテイナーになります!

 

サプールにはルールがあり、
1、最高に自分を着飾ってオシャレをする
2、街をステップを踏んで歩く
この2つがサプールのする大体のことのようです。

 

ダンス

 

市民の人たちを喜ばせるエンターテイナー・サップに
あこがれ子供のサプールも。

 

子供サプール

 

サプールであるお父さんに憧れ、「自分もいつかサプールになるんだ!」
ファッションへの憧れ、興味を抱いていくそうです。

 

sapu-ru

 

では、なぜここまでオシャレをするのか・・・

それはこの国にはびこる貧困や紛争に向けて、

「サプールたちは決して闘いません。闘ってはいけないのです。
武器を捨て、エレガントな装いをしよう」、と。

 

平和を願うサプールの表現の一つが
オシャレでエレガントな生き方なのです。

 

紛争をしないエレガントな生き方

いかがでししょう。

国の背景、彼らの信条、パフォーマンス。

 

知れば知るほど彼らの存在に一目置きたくなるかもしれません。

 

お金がないから・・オシャレができない・・ではなく、

 

オシャレをするから豊かになるのだと
忘れていた何かを思い出させてくれるような気もしますね。

 

sappu オシャレ




あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す