日本人と欧米人の「目に映る世界」は違う!? 欧米人のサングラス着用率が異常に多い理由と他者と仲良くなる方法

トップ

引用:http://matome.naver.jp/odai/2135307324819154001

見ている景色が欧米人と日本人では違う・・?

欧米人と日本人の間にはこのような事実があるようです。

 

自分の見ているものは、他者にも同じように見えていると思いがちですが

実は全く違う景色を見ていた・・!なんていうことがあるようなのです。

 

欧米人と日本人が見ている景色はどのように違うのか?

 

今回はなぜ違って見えるようになっているのか、どのように違うのかなどを紹介させていただきたいと思います。



欧米人と日本人に映る景色は全く違う!?違うように見える原因は「青」の見え方にアリ!

 

ブルーの背景

 

欧米人と日本人では目に映る色に違いがあるようですが、
特に青の見え方が違っているようです。

このような違いがあることで、目に映る色に若干違いがあり、
日本人と欧米人とでは違う景色のように映るそうなのですね。

 

このような違いには目の「虹彩」が大きく影響しているといわれており、
目に入る光の量を調節する虹の色が違うため違う色に移るそうなのです。

欧米人の中でも特に白人の方は虹彩が薄く、
光を通しやすいため、より光を眩しく感じるそうです。

 

テレビなどで海外の映像をご覧になることもあるかと思いますが
白人の方のサングラス着用率が異常に多いのはこのためです。

白人の方は日本人よりも光をまぶしく感じるため、
サングラスをかけて目に入る光の量を調節しているそうなのですね。

 

サングラス

 

日本人はこのメラニン色素の量が多いため黒目になり、
欧米人は日本人よりも青みや光を受け取りやすいため、映る色や眩しさが大きくなる。

 

このように日本人の目と欧米人の目には違いがあり、
見える景色も違ってくるそうです。

 

欧米人の室内の照明は間接照明だけでも十分!?

欧米人と間接照明

引用URL:http://ameblo.jp/s-c-b/entry-11994536663.html

光を強く受け取りやすい欧米人は部屋の中も間接照明だけで十分であることが多いようです。

 

映画やテレビで海外の室内の様子を見ると、ムードある間接照明が映されることも多いですが
あの雰囲気は恰好つけているのではなく、実生活において単純に光の量を調節するためなのだそうです。
(映画の場合は演出上、雰囲気作りの要素もあるかもしれません。笑)

 

このように日本人と欧米人とではそもそもに違いがあるため、
生活する上での文化も習慣も異なってくるようですね。

 

目の作りの違いから学ぶ人間関係に生かせること「そもそも」が違う!?

 

今回は日本人と欧米人の目の違いについて紹介させていただきましたが、
「そもそも」に違いがあれば当然そこから派生するあらゆるものが変わってきます。

 

このような人との違いは国外だけではなく、同じ日本人でもありうることです。

 

人と意見が衝突したり、なにか言いあいになってしまった時も、
今まで生きてきた環境や「そもそも」が違いますので、
人それぞれにそもそも違いがあるのだという認識を持っておけば
人と衝突することも少なくなるのかもしれません。

 

なぜそのようなことを言うのか。
その理由を知ればそういうことだったのかと理解することができますし、
理解をした後協力しあえばお互いに助け合える存在になれるのかもしれません。

 

何も理由を知らず、ただ単にサングラスをかけている人を見れば
「なにカッコつけてるんだよ」と言いたくなることもあるかもしれませんが、
そもそもの目の作りが違うからそうなっているということを知れば、
「なんだ、そういうことだったのか」と理解することができます。

 

相手の「そもそも」を知れば相手への理解度があがり、
深い付き合いになれるかもしれません。

 

深い付き合いが良いのか悪いのかということについては
人それぞれの考え方次第ですが、もし今の自分に深い付き合いの人がいてほしいと考えておられる場合は
まずは相手のことを理解して助けになってあげることをしていけば良い人間関係を作ることができるかもしれませんね。




あわせて読みたい関連記事

コメントを残す