石井一久が吉本に入った理由 プロ野球界の背景とプロ野球選手現役引退後の進路とは?

石井一久

引用URL: http://www.gettyimages.co.jp

テレビで見ている野球選手には華やかさがあり夢があり、今後の人生も順風満帆に進んでくようなイメージがあります。

 

引退後は、解説者や監督、コ-チ、タレントなど引退後の職業にも華やかな舞台が用意されているようなイメージがありますよね。

 

しかし、実際はそうではなく引退後には一般企業に就職したり、
普通の会社員として生活される方も少なくないそうです。

 

夢の舞台で活躍していたプロ野球選手のその後についてはあまり知られることはありませんが今回はそのようなスポーツ選手の引退後の進路について紹介させていただきたいと思います。



プロ野球選手引退後の職業 コーチ・監督・解説者は狭き門

まどん監督

引用URL:http://number.bunshun.jp/articles/-/822132

プロ野球選手が引退すると一般にはどのような職業を思い浮かべるでしょうか?

 

一般にはコーチ・監督・解説者などそれまでの舞台の延長線上にその活躍の場があると思われると思います。

 

しかし、実際にはコーチ・監督・解説者のような華やかな職につけるのはごく一部の狭き門をクリアした人たちであることが多いようです。

 

特にコ-チや監督といったポジションは数に限りがあるため、そう簡単には入ることができません。

 

では、解説者のように数の多いポジションはどうかというと解説者のポジションも今のご時世では難しいと言われているようです。

 

解説者になるのが難しい理由

引用URL:http://biz-journal.jp

 

解説者の世界にはこのような背景があるようですね。

確かに野球中継自体が今は減少傾向にあり、BSで見る機会も多いというのは頷けます。

 

野球中継の番組が少ないと解説者も活躍できる場が少ないため、仕事に困るのかもしれません。

 

コーチ・監督・解説者にはこのような背景があることからプロ野球選手は引退後に普通の会社員として働く人も多いのかもしれません。

 

社会人野球からプロ入りした入来智選手の場合

入来選手

引用URL: http://ryosuke-takeuchi.com

社会人野球からプロ入りし、広島、近鉄、巨人、ヤクルトと渡り歩き日本以外の国、韓国・台湾でも活躍した入来智さんは、2004年の現役引退後には普通の一般企業に勤めていたようです。

 

一般企業に勤めるも、長くは続かず転職回数は10回以上と壮絶な人生を歩まれている入来さんは奥さんや親族の方と衝突することも多かったそうです。

一度プロ野球選手という夢の舞台で活躍をすると、「プロ野球選手としてのプライド」を捨てきることができず、なかなか安定した職にもつくことができないようです。

 

というのは、自身のそれまでの生活レベルや違う世界での環境になかなか適応できないという側面があるようなのですね。

 

しかし、若い野球選手で特にプライドもなければ、切り替えも早く次の活躍の場で活躍することができるようです。

若い野球選手の一言

引用URL:http://biz-journal.jp

プロ野球の世界はスター選手であれば収入も多くなり、それまでの生活レベルも高いものになっていきます。

 

そのような水準の高い生活をしている人にとってはなかなか普通の生活をするということはできないかもしれません。

 

特に入来さんのようにプロの世界でもたくさん活躍していた人にとってはまた難しいものがあるかもしれません。

 

このような話しを聞くと、現役で活躍している間にたくさん貯金をしておけば大丈夫なのではないか?と思われる方もいるかもしれませんが、現役で活躍している時というのは生活レベルが上がっている状態ですので、毎月の支払いも多くなりがちです。

 

そのためなかなかお金を貯めていくことが難しいという側面もあるようなのです。

プロ野球選手にはこのような背景があるようですね。

 

石井一久の「引退後の生活を考える」とは?

石井一久2

引用URL:http://www.gettyimages.co.jp

石井一久さんは引退していく仲間を見てこうおっしゃっています。

石井さんのはなし

引用URL:http://thepage.jp

石井さんはプロ野球選手引退後、選手をサポートする道を選びました。

プロにいる間から次の自分の活躍の場を考えていたようです。

 

テレビで見るプロ野球の世界は華やかで夢のある世界ですが、

そのような夢の世界には壮絶な背景があるようです。

 

スター選手として長く活躍される方もいれば、ある一定期間だけ活躍して次の世界に移っていく人が大半を占める世界。

 

とても厳しい世界ですが、それが今のプロ野球界の背景なのかもしれません。

 

選手としては長く活躍できればそれに越したことはないと思いますが、やはり肉体面での限界はいずれやってくるものです。

そのような時のために、プロにいるうちから次の活躍の場を考えておくことは大変重要なことかもしれないですね。

 

これからプロ野球界を目指す人はプロ野球界にいる間にも次の展開を考えておくと良いのかもしれません。




あわせて読みたい関連記事

コメントを残す