海水が飲料水に・・?!たった1分で海水の塩分と汚れを除去し飲み水に変えてしまう新技術・パーベイパレーションの正体とは!?

海水

海の水を飲み水に変えることができたら・・・

もしこのようなことができれば、水不足で困ることもなくなりますよね。

地球上は約7割が海水と言われてるためこれがすべて飲み水に変わるのなら水不足なんていう概念はなくなりそうです。

 

また海水を飲める水に変えることができれば、多くの人の生活にも様々な変化が起きそうです。

海水が飲める水に変わる・・今回はその新技術を紹介させていただければと思います。

 



海水を飲める水に!?エジプトで研究されている新技術とは?

海水2

海水がすべて飲める水になれば水に困ることはなくなりそうです。

雨が降らずに育たなかった農作物が心配・・・なんて声は一切なくなりそうですね。

 

もし、本当に海水を飲める水にかえることができるなら発展途上国の水不足だって

解決することができるかもしれません。

 

そんな夢のような技術を開発しているのがエジプトのある研究チームです。

エジプトのアレクサンドリア大学の研究チームが開発中の新技術によると

海水をたった1分で飲み水に変えるという研究をしているそうです。

 

その技術は「パーベイパレーション」という淡水化技術のことで

海水に含まれる塩分や汚れを取り除いて私たち人間の飲める水へと

形を変えてくれる技術のようです。

 

もし、この技術が完成したら水不足に悩む途上国でもつかえるように

予算内でカバーできるようにもなるそう。

 

科学誌「Water Science and Technology」で専門家は
こう言っています。

「この技術は現在エジプト、中東、アフリカなどで使われている逆浸透法よりも優れたものと断言できます。
紅海はじめ塩分の多い海水でも、効果的に塩を取り除くことが可能です。
従来のように高コストでありながら、
生産できる飲み水が少ないといったジレンマからも解放されることでしょう」

つまりこの技術は低コストで飲み水を大量に生産することができる

ということのようなのですね。

 

これが実現すれば途上国への提供も十分に可能です。

 

しかし、現段階ではまだやるべき実験が残っており、

そのための費用の調達なども見通しが立っていないそうです。

水を飲む

水不足に悩む人々は現在、世界に約750万人以上もいると言われています。

新技術パーベイパレーションが完成すれば

そのような人たちに安心・安全な水を届けることができるようになるそうです。

 

現在は、やるべき実験が残っており、完成までには少し時間がかかるそうですが

完成すれば多くの人が安全な水を飲むことができるようになりそうですね。

 

Charity Waterでは個人がこのような技術に募金することができます。

今年はすでに50万円以上の支援が集まっているそうです。




あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す