太陽光発電のデメリット解決策がついに実現!窓ガラスがすべてソーラーパネルの時代に!?電気が自給自足!?

SnapCrab_NoName_2015-9-14_11-38-38_No-00

近い将来、窓ガラスがすべて太陽光発電できるようになるかもしれません。

現在、米・企業「SolarWindow Technologies, Inc」が開発している
建物の窓ガラスは、太陽光人工の光から発電できる仕組みを持っているのだそうです。

 



窓ガラスがすべてソーラーパネルになるとして注目を集めている
この透明フィルムは、見た目だけみると
これまでの商業ビルなどの遮光ガラスとほぼ同じだそうです。

 

素材は有機ポリマーでつくられており
柔軟性のある素材が使われているようです。

38122c7c848c9ee9cfdf2f358c7ccab2a409f51c

実はもうすでに、50階建てのビルで使用するという
実験が行われているそうなのですが、
この実験で得られたエネルギー量はなんと、
「従来の屋上に設置するタイプのソーラーパネルの50倍の
エネルギー量。」という実験結果も出ているようなのです。

 

もし、実用に至れば、
環境への効果も絶大で、これまでの二酸化炭素排出量を
12倍も削減できるようにもなるようです。

 

また、製造コストもそれほどかからないため
大量生産することも可能なようなのですね。

ソーラーパネルの代わりになる
この窓ガラスは、現在、アメリカ国内にある建物
8500万件に設置することを目標に掲げているようです。

また、商業用のビルだけでなく、
個人の住宅にも設置することができるようになるかも
しれないらしいです。

これが実現すれば、大幅なエネルギー効率の改善を
することもできるようになりますね。

近い将来私たちの住宅の窓にもこのようなソーラーパネルの窓が設置され
電気はすべて自給自足になる日もやってくるかもしれません。




あわせて読みたい関連記事

    None Found

コメントを残す